ウィッグ

当サイトではオシャレやファッション、医療用としても使われるウィッグに関する情報を掲載させて頂いております。基本的な最低限の知識は得ることができます。少しでもお役に立つことができれば幸いですm(_ _)m

ウィッグの種類について

ウィッグを使ってみたけれど、どんなものがあるのだろう?」と思っている方もいると思います。ウィッグと一言で言っても、様々なタイプがありますから、自分のヘアアレンジに活用しやすいタイプを選ぶことも大切となってきます。

 

では、ウィッグには、どういった種類があるのか、ご紹介しましょう。まず、ウィッグの中には、すっぽりとかぶることの出来るタイプのウィッグがあります。自分の頭の上から、ウィッグを被ることになりますから、このタイプであれば、今どんな髪型の方でも取り入れることが出来るタイプとなります。被るタイプのウィッグは、一番イメチェンしやすいタイプのウィッグといえるでしょう。また、最近では人気のエクステなどもウィッグのひとつ。ショートヘアの方が、ロングヘアへとイメチェンすることが出来、自分の好みの髪の長さにすることが可能となります。エクステは、自分の髪の毛につけるものとなりますから、取り外しも出来ます。部分的にイメチェンするのであれば、前髪だけのウィッグやお団子のウィッグなどが取り入れやすいでしょう。

 

このように、ウィッグには様々な種類があります。被るタイプのウィッグの場合には、頭のサイズに合わせたものを選ぶことが重要。ウィッグが小さければ、頭が痛くなるなどのトラブルが起こることもありますから、自分の頭のサイズに合ったウィッグ選びを、行う様にしましょう。被るタイプであれば、髪の色などもアレンジすることが出来ますよ。
☆髪の毛のイメチェンには簡単にヘアアレンジが楽しめる、オシャレで可愛いフルウィッグが人気です☆

気になるウィッグの料金体系〜通販が便利です^^

おしゃれのために、ウィッグを試してみたいと考えている方の中には、「ウィッグって、どのくらいの料金なのだろう?」と思っている方もいると思います。どんなに、便利なアイテムでも、高額であれば気軽に購入することは出来ませんから、料金が気になる方も多いのではないでしょうか。

 

では、ウィッグの料金について、ご紹介しましょう。ウィッグを購入する際には、様々な方法があり、購入先によっても料金設定は異なってきます。例えば、デパートなどでウィッグを購入する際には、高めの料金設定となることが多いでしょう。デパートで購入する際には、5,000円以上の料金設定となっているでしょう。デパートで扱っているウィッグは、どちらかというと落ち着いたタイプのウィッグが多くなりますから、アラサーの方やアラフォーの方は、取り入れやすいタイプが多いでしょう。また、ウィッグは通販などでも購入することが可能。通販では、様々な種類のウィッグを扱っており、気軽に色々なウィッグを試すことが出来ます。

 

料金は、お店によっても異なりますが、3,000円程度から10,000円程度のものが多くなります。ただし、通販の場合には、実際に見て購入することが出来ないため、届いた際に思っていた色よりも明るかったなどの可能性もあるでしょう。
このように、ウィッグの料金は扱っているお店によって料金設定もことなります。「まずは、試してみたい」という方は、通販で安いウィッグから始めてみるのも良いのではないでしょうか。

慣れると簡単!ウィッグの付け方・外し方について

ウィッグを使ったことがない方にとっては、取り外しなどに不安を抱えている方もいると思います。せっかく、イメチェンのために購入したウィッグも、上手に取り付けることが出来なければ、ムダになってしまいますからね。

 

では、ウィッグの取り付け方、外し方について、ご紹介しましょう。ウィッグを付ける際、外す際には、コツがあります。このコツをつかむまでは、多少苦労するかもしれませんね。まず、ウィッグの後ろ内側には、アジャスターなどがついています。付ける際には、まずはこのアジャスターを使って、自分の頭のサイズに合わせていきましょう。小さすぎれば、頭が痛くなってしまいますし、大きすぎれば、外出の際にはずれてしまう危険性がありますので、十分注意しましょう。

 

ウィッグを付ける際には、ウィッグ専用のネットなどがありますから、こういったネットを使って、前髪の生え際までしっかりとカバーするようにしましょう。そして、生え際を抑え、後ろに引っ張る様にウィッグを被っていきましょう。そうすることで、深く被ることが出来、自然な仕上がりになりますよ。こめかみ部分などは、左右の三角の部分を引っ張ると綺麗に被ることが出来ます。被り終えたら、手ぐしをすると自然になりますよ。

 

外す際には、襟足を浮き上がらせ、指を前方に入れ外していきます。この時、ウィッグは丁寧に扱う様にしましょう。丁寧に扱えば、その分ウィッグは長持ちさせることが出来ますから、扱いにも十分注意しましょう。

ウィッグの種類〜人毛ウィッグと人工毛ウィッグ

ウィッグを購入しようと、お店でウィッグを見ている方も多いと思います。お店などで、実際にウィッグを見てみると、様々なタイプのウィッグがあるのが分かりますよね。ウィッグを触ってみると、「手触りが違う」と感じたこともあるのではないでしょうか。実は、ウィッグには人毛で出来たウィッグと、人工毛のウィッグがあります。そのため、見た目のツヤや手触りなども変わってきます。

 

では、人毛ウィッグと人工毛ウィッグについて、ご紹介しましょう。人毛のウィッグは、メーカーによっても作り方は異なりますが、中国などの髪の長い人から髪の毛を購入し、ウィッグとして作られているものが多くなります。人毛は、見た目も自然となり、手触りも良いですから、人工毛のウィッグと比べると料金は高めの設定となっています。それに比べ、人工毛の場合には、人工の毛で作られていますので、多少の不自然さは感じるかもしれません。しかし、人工毛の場合には、耐熱性となっているため、ヘアアイロンなどを使用することが出来るものもあり、アレンジする際にはとても使いやすいウィッグとなっています。

 

「どちらを、選べば良いのだろう?」と迷う方もいると思いますが、気軽にウィッグを使いたいのであれば、人工毛のウィッグがおすすめ。ヘアアイロンなども使用することが出来ますし、何よりも手頃な価格で購入することが出来ますから、普段のヘアアレンジに用いるのであれば、人工毛で十分といえるでしょう。

これだけ抑えておけば大丈夫!ウィッグのお手入れについて

はじめて、ウィッグを購入した方の中には、「ウィッグって、どんな手入れが必要なのだろう?」と思っている方もいると思います。ウィッグは、丁寧に扱い、しっかりとお手入れをしていくことで、長持ちさせることが出来ますから、出来れば正しいお手入れ方法を取り入れておいた方が良いでしょう。

 

では、ウィッグのお手入れについて、ご紹介しましょう。ウィッグを洗う際には、洗面器にぬるま湯をため、そこにシャンプーを数的たらします。そこに、ウィッグを入れてもみ洗いを行っていきます。強くもみすぎると、ウィッグを痛めてしまうことになりますから、優しく洗う様に気をつけましょう。
シャンプーが終われば、その後はリンスも必要。同じように、洗面器にぬるま湯をため、リンスをたらし、そこにウィッグを入れます。すすぎが終われば、次はバスタオルで軽く叩いて水分を落とし、自然乾燥を行っていきます。直射日光を当てるのではなく、風通しの良い場所で乾燥させるようにしましょう。また、普段使っている時には、ブラッシングなどのケアも必要。絡まっている場合には、絡まりなどを取る様にしましょう。どうしても、絡まりが取れない場合には、その部分だけカットしても良いですよ。

 

このように、ウィッグもお手入れが必要となります。外出すると、ウィッグも当然汚れなどがついてしまいますから、シャンプーなどを行い、丁寧に扱っていくことで、よりウィッグを長持ちさせることが出来ますよ。